てんの備忘録φ(`д´)メモメモ…電話が掛かってきた。


ムムムッ(´⊙ω⊙`)  

怪しげなタイトル
どこから?と思いでしょう?

  

固定電話の番号で 彼氏の携帯に何度か掛かって来てたらしい。

そして 私が居る時も一度掛かって来たのに 彼氏は 番号を見つめ出ないんですよね。。。

  

固定電話で知らない番号でも私は出ちゃうんですよね。
携帯が普及してる今は あまり固定電話で悪さはない気がするんですよ。←単なる思い込みですがww

  

固定電話なのに彼氏は出ようとしない。。。。(-ω-;)ウーン 女???

  

出ないの??って聞くと (-ω-;)ウーンと悩んでる様子なので
何度も同じ番号で掛かって来てるなら 悪戯ではなさそうだね。。。って話してたら

  

電話が切れちゃいました(;´・ω・)



彼氏が掛けなおしてみると。。。。

女・・・・

ではありませんでした(笑)

  
消費者金融の会社でした。

一昔前な感じだけど 安いアパートに引っ越してからと言うもの もう少し頑張れば2万に届くかな?位浮いたんです。

  

で 給料日には 疲れてようが我が家に強制的に呼ばれます。

  

家計簿はただの真っ白なノート。 

自分で項目からすべて記入して計算して 私に提出。 
合格してから袋分けすると言う 恐ろしく面倒くさい方法をして貰ってます←わざとです(笑)

  

始めは面倒くさくなってイライラしたんでしょうね。

  

「俺は小学生か!!!」と怒なる時が有りました。

「銀行に戻すのに イチイチ袋に分ける意味がわかんない」(`^´o)=3 
「家計簿 費目から書かなきゃダメなの?家計簿買おうよ」やら ゴネましたね。

  

私も 負けません(。・`Д・´)ムカー

  

「消費者金融だろうが 人様からお金借りなきゃ生活出来ない時点で 小学生以下!!恥ずかしいと思わないのか!!!」

  

「支払ったと言う感覚をつけてないから 簡単に金借りれんだよ。費目から書いて 頭に叩きこんで!」  
「袋に分けてお金の感覚取り戻してんだよ。分かんないの?」

と彼氏の中の悪魔と戦いを繰り返してましたщ(゚д゚щ)

  

でも近頃は家計簿付けも早くなったし 返済の利用明細も残してるから 借金が目に見えて減ってるのが面白くなって来た!!!そんな状態まで来ました。



我が家に泊まりに来て帰る時は おにぎり🍙や残り物を持たせたりはしてます。って言っても 男の人は良く食べるから1日分にもなって無い見たいだけど💦

娘は2日続けて同じ物食べたがらないので 彼氏が持ち帰る事を喜んでます。って 残飯処理か?щ(゚д゚щ)

話がズレた💦  
そんな感じで 以前よりも2万以上は毎月多めに返せています。

  

利子が勿体ないし 消費者金融会社の慌て様が見たくて ヽ(゚∀゚)ノ パッ☆と自分で支払いたくなる時もあります(笑)
  

でも お金は絶対貸しません。



苦しめ!!!(゚∀゚)と思ってます。

  

辛いだろうとは思いますが 自分が軽い気持ちで借りた罰です。



背景には親を見てるとか理由は有りますが、 やっぱり言い訳だろうと判断しました。

  

親が歳とってお金かかる事は容易に想像がつくことなので 単なる準備不足です。

  

それに「どうせならいい物を」が口癖なので 金銭感覚も身の丈に合ってないのです。

そして「いい物」を使いこなせてない(;・∀・)

  

それで 数ヶ月 コツコツ返済だけ繰り返してたら 消費者金融会社から

  

いい商品が有るのでお知らせの電話を掛けました(*´Д`人)」って話でした。

  

内容を聞くと



おまとめローンじゃないか!!!

  

(人”▽`)ありがとう☆とでも言うと思ってかww



彼氏も 返済して気持ち的に余裕が生まれてたのか お断りしてました。

  
数か月前の彼氏は「おまとめローン」の虜だったので その時ならいい商品とやらを使った事でしょうね。

  
良い成長が見えてるって事ですね。

  
まだまだ お得だからと有料会員登録したがるし 甘い気持ちが出る時があるので 苦しんで 苦しんで 頑張って返済して 貯める側においでね(*‘∀‘)



と 優しく言った事は有りません(笑)が

  

そんな気持ちで待ってるところです。

  

思ったより早い段階で甘い囁きが始まりました。
  
彼氏を挟んで 私vs消費者金融との戦いが始まりました(笑)←彼氏そっちのけ💦

  

つ´∀`)=つ)`Д゚):、:´.
  

゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o
  
頑張らねば╭( ・ㅂ・)و グッ !←彼氏が💦

スポンサーリンク


スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする